ウーマン

気になる脇の黒ずみを解消するクリーム|化粧水で美肌づくり

美肌を作るポイント

婦人

普段のスキンケアに化粧水を取り入れている人は、女性であれば数多くいるでしょう。基本的に洗顔の後に使うのが一般的ですが、みなさんはどのような目的で使用しているでしょうか。多くの人が、肌が乾燥しないように、保湿の効果を求めて使用しています。実は、化粧水に保湿効果があると世間一般で見なされたのは、ほんの数十年前なのです。それ以前では、化粧水は美白やアンチエイジングなど、肌の悩みを解決するものとして使われていました。今で言うところの、美容液のポジションです。現在のように保湿効果が認められてきた背景には、研究者たちの開発がありました。そのため、現在の化粧水もおそらく先数十年ほどで、更なる改良が加えられると予測することができます。

肌を保湿するために、化粧水の上手な使い方を知っておきましょう。まずここで注意してもらいたいのが、化粧水の付け方です。多くの人がおそらく手に取って塗る、コットンに取って塗る、という方法で行なっているはずです。実は、手で塗っても肌はあまり保湿されません。それどころか、角質層まで化粧水が浸透しないので、効果を得ることができないのです。おすすめの使い方としては、保湿効果のある化粧水を、コットンがひたひたになるほどたっぷりと取って、パッティングすることです。また、その後に3分ほどパックをすれば、更なる効果を期待できます。今まで間違えた方法で行っていた人は、美肌のために改善しましょう。

夏場になると気になる場所といえば、脇の黒ずみも挙げられます。この黒ずみは簡単には解消できないものですが、専用のクリームを脇に塗ることで治すことができます。クリームは手軽に使えるため、誰でも家で脇の黒ずみ解消ができるでしょう。

目元の老化対策

化粧水

アイクリームは目の下のたるみや目元の小じわを予防するために使うクリームです。目の周りの皮膚はとても薄くて皮脂が少ないので、乾燥しやすいという特徴があります。しかし、アイクリームを塗ることでしっかり保湿ができます。

More...

乾燥しやすい目元

眼

目の周りはとても皮膚が薄いため、乾燥しやすいです。高保湿のアイクリームをプラスして乾燥しないようにしましょう。目の疲れを取るためにロールオンタイプを使ったり、目薬を差したりするのも良いです。メイクは保湿できるタイプを使うと乾燥しなくて済みます。

More...

症状緩和の化粧品

スキンケア

乾燥肌は、冬場など空気が乾燥するシーズンに症状がでたり悪化するものであるが、最近ではエアコンの影響により1年を通して悩む人も増えている。これらの対策化粧品では、保湿効果が高いものや刺激成分が少ないという特徴がある。

More...